幼児から小学生まで!スマートスピーカーamazon Echo 子育て活用法

10才差育児

こんにちは。アヒルです。音声に反応して曲をかけたり、動画を見たりできるスマートスピーカー。

うち「Amazon Echo Show5 -Alexa(アレクサ)」を使っています。最初はもっぱら音楽を聞くために使ってたんですけど、うちの2才と12才の子ども、それぞれのシーンに応じて子育ての便利ツールとしてもいろいろと「これいいわ!」と活用出来ることに気づいてきました。

ママ友でも意外と知らない人が多いみたいで、「便利〜!」という感想も頂いたので、早速皆さんにもご紹介させてもらいます!

可愛らしい♪Amazon Echo Show 5

わが家のAmazon Echo Show5

コレがうちのAmazon Echo Show5(以下、Echo Show)です。

お値段は7980円。コンパクトでかわいらしいデザインにひかれて購入しました。前面は5.5インチのディスプレイになっていて、音楽を聴くと歌詞がでてきたり、タイマーにすると、残時間が大きく表示されたりします。

アレクサ!と呼びかけると反応してくれて、その日のお天気や交通情報、電車の時間、ニュース、レシピなどなどを音声+画像や動画で教えてくれます。コレだけでも、買って良かったーと思っていたのですが…。

まずはスマホと連動

Echo Showは、Amazon Alexaという専用のアプリを入れることで、スマホと連動させることができます。スマホと連動することで、子育ての活用の幅がグーンと広がりました。

まずは、お使いのスマホで下記のAmazon Alexaのアプリを入れましょう。

Androidだとgoogleプレイ、iPhoneだと App storeから、「アマゾン アレクサ」と検索するとすぐに見つかります。

スマホのAmazon Alexa入手画面

それでは、アプリとEcho Showを連動させた子育てに便利な活用法をご紹介していきます!

乳幼児むけ おすすめ活用技

ベビーモニターに!

赤ちゃんが寝ているときや、一人で遊んでいるとき、ちょっと洗濯やお風呂掃除をしたい…ってことありますよね。

そんなとき私は、部屋が見渡せる場所にEcho Showを設置して、スマホを持って移動します。

echo showをスマホでモニターする方法

①スマホからAmazon Alexaアプリを起動する

②連絡をタップ

③自分のecho showをタップ

すると、Echo Showがカメラになり、手元のスマホで子どもがいる部屋の様子をこんな風にモニターすることができるんです。

実際のスマホの映像です。センターがEcho Showが映している映像(うちの子が寝ています)右上がスマホカメラの映像です。Echo Show側からはスマホカメラの映像が大きく映ります。

ハンズフリーで操作ができるので、アプリを起動した後にスマホに向かって、例えば「アレクサ、Echo showを呼び出して」と言うと、スマホを操作しなくてもEcho Showを設置した場所の映像が見られます。

お風呂掃除のときにもとても便利です。音も聞こえるので、泣いていないか、物を落としていないか…などの音に注意したモニターもできます。

遠隔であやすことも!

さらに、少しぐっずってきたときにも遠隔であやす事もできます。

例えばAmazon Alexaを起動した後スマホに向かって「〇〇の曲をかけてー」と言うと、子どもがいる部屋のEcho Showでお気に入りの曲をかけることも可能です。

あらかじめ好きな曲のリストを作っておくと、次々に連続再生もしてくれるんです。

Amazon primeに登録していると200万曲が聞き放題ということで、ほぼ聞きたい曲をかけてくれます。

うちの子は「おしり探偵」の歌が好きなんですけど、もちろん入っていました。

デジタルフォトフレームで好きな写真を再生

Amazon Alexaからは写真も簡単にEcho Showにアップロードできます。

Echo Showはデジタルフォトフレームとしても使えるので、簡単にEcho Show に子どもが好きな写真をランダムに表示させることもできます。

Echo Showをデジタルフォトフレームにするには

①Alexaアプリを開く

②「その他」をタップ

③「設定」をタップ

④下の方にある「写真」をタップ

⑤「デバイス」の「設定」をタップ

⑥自分の「EchoShow」を選択

​⑦「毎日の思い出」をON

⑧「写真を管理」から、好みの写真を選択

⑧ホームの背景で「その他のコレクション」を選択

⑨EchoShowがフォトフレームになる

Alexa スキルでもっと便利に!

アプリから「Alexスキル」という拡張機能を入れると、子ども向けの色々なコンテンツを使うことができます。

乳幼児におすすめのスキルをいくつかご紹介します。

ピーボ〜絵本読み聞かせ

「アレクサ絵本を読んで!」と言うと、絵本を読んでくれます。

年齢にあったものを選んでくれるので、高評価のレビューも多め。「例えば1歳向けの絵本を読んで!」とお願いすると、年齢相応の絵本を読んでくれます。

ピーボ ~絵本読み聞かせ~ はこちら

赤ちゃんが眠くなる音

「アレクサ、赤ちゃんが眠くなる音を流して」と言うとお母さんの胎内の音を流してくれます。

こちらも評価が高いスキルです。Amazonのレビューをご紹介します。

毎日本当に助かってます!2021年8月2日に日本でレビュー済み4歳になったばかりの息子に使っています。これを使うまではおもちゃで遊んでなかなか寝なかったのですが、これを聞かせていると自然と眠くなるようですぐに寝てくれます。

出典 Amazon レビュー

赤ちゃんが眠くなる音 はこちら

泣き止ませ隊

「アレクサ、泣き止ませ隊をす開いて!」と言うと掃除機の音とか、テレビの砂嵐の音とか、なぜか赤ちゃんが泣き止むとされる音を流してくれます。半信半疑でしたが、うちの子はピタリと泣き止んでくれます。

泣き止ませ隊 はこちら

小学生むけ おすすめ活用技

お留守番のときに

上の子は小学生(高学年)です。家の留守番を頼むこともありますが、その時にもEcho Showを通して会話する事が多いです。

子どもはキッズ携帯は持っているんですけど、Echo Showならスピーカーでお互い応答できるので、携帯よりも子どもの自由度が高まるのと、テレビ電話になるのでお互いに安心感もありますね。

部屋の様子を一方的にモニターできるので、子どもが応答しない時でも、家の中で何か起きていないか確認する事ができます。

予定をサクサク管理する

小学生の高学年にもなると、学校行事に習い事と、やる事も多くなりますよね。

上の子は学習塾に通っていて、テストの日程など結構色々入ってきます。そんな時もEcho Showを活用してます。

アプリに入ってきた予定を伝えるとEcho Showが自動的にリストにして、リマインドしてくれるんです。iPhoneのスケジュールにも連動しているので、かなり便利です。

学習スキルを活用

Echo Showには、小学生が学習できるようなAmazonスキルもあります。

スマートスピーカーの機能を活用した英語や歴史の学習もできまるので、大人でも結構楽しめるものも多いんですよ。家族みんなでやってみるのおすすめです。

日本史ナビ

歴史の知識を深めたいときに役立つスキルです。例えば「織田信長について教えて!」と言うと、信長さんが成し遂げた事柄を物語のように話してくれます。その前後のことは?など、Wikiの音声版のように。どんどんリンクして行くので、家族で楽しみながら会話の種が生まれていく感じになります。

日本史ナビ はこちら

ことわざ先生

クイズ形式でことわざを覚えられるスキルです。穴埋め形式で毎日5問、正解すると得点が加算されていきます。

ことわざ先生 はこちら

語学にも使える

そして、スマートスピーカーの真骨頂だと思うのですが、英会話の学習がめちゃ便利です。英語を発音すると、採点をしてくれたり、音楽に乗せて単語の学習ができたりと、楽しくできる工夫がしてあります。

ファミリー英会話

親子の英会話を聞いて、リピート練習をすることで、子どもと一緒に語学学習ができます。スピードも「速い」「普通」「遅い」の3段階で調節可能。Amazonのレビューでは69%が5段階のうち4以上の評価となっています。

ファミリー英会話 はこちら

子ども英語-ビギナーレベル

こちらは幼稚園から小学校低学年向けの英語学習スキル。「おしえてモード」や「クイズモード」があり、単語をリピートして教えてくれたり、クイズで楽しみながら英単語の記憶ができます。

子ども英語ービギナーレベル はこちら

まとめ

スマートスピーカー「Amazon Echo Show5」の子育て活用法をお伝えしました。

ここがポイント
  • Amazon Alexaと連動
  • ベビーモニター&遠隔であやせる
  • 子供の留守番用の連絡手段
  • やる事リストが簡単に作れる
  • 学習スキルが豊富

と、音楽や動画以外にも便利な機能がたくさんあるので、知っておくと育児が少し楽になりますよ。

Alexaスキルも新しいものが次々と増えていくので、今後もおすすめのものが見つかったら更新して行きたいです。


Echo Show 5 (エコーショー5) スマートディスプレイ with Alexa、チャコール

コメント

タイトルとURLをコピーしました